おせち 人気

売れ筋おせちはおすすめの人気通販で!

おせちに合う旬のかには人気通販でGET!

2017年のおすすめのおせち料理は?

通販や市販で取扱われているおせち料理も色々と多様化してきました。お届け状態の他にも料理の内容や重箱の形迄、味だけでなく目で愉しめるというのも家庭で手作りするよりもレベルは遥かに上です。

 

そんな通販や市販のおせち料理ですが初めて購入する場合によく目にする口コミが冷蔵おせちと冷凍おせちはどちらが良いかといった口コミです。実際のところは個人の好みによって違うという事に尽きます。

 

但し、お正月の予定によっては冷蔵おせちが食べたくても冷凍おせちのほうがおすすめであったり、その逆もしかりです。

冷蔵おせちと冷凍おせちの美味しさ

ですが、もっとも気になるのはやはりその美味しさに関してですが、冷凍の場合は風味や食感で冷蔵より劣るというのが一般的な答えですが製造工程によっては冷凍が一概に劣っているともいえません。

 

即ち、取扱っているおせちの製造元によって違うという事です。近年の業務用の冷凍技術の進歩には目覚しいものがありますが、果たして小規模のお店が作る冷凍おせちの場合はこのような設備があるかどうかは疑問があるからです。

 

冷凍するの工程だけを依頼するという事も不可能ではないですが販売個数の限られている店舗のおせちを購入するのであれば冷蔵で提供しているおせちを選ぶほうがリスクは少ないかも知れません。

 

美味しさという点では食感や風味も重要なことから冷蔵おせちほうが優れているということでほぼ間違いはありませんが、冷凍ケーキなどのスイーツで実証していることから高い凍結技術によってその差はかなり接近しています。凍結方法には

 

 

  • 急速凍結
  • 緩慢凍結

とがありますが、いわゆるデメリットの少ない優れている凍結方法は急速凍結ということになるのですが食材の組織が損なわれる可能性が低いことから多くの冷凍食品で利用されている技術です。

 

但し、この急速冷凍にも様々な方法があり、食材や食品によって適している急速冷凍の方法が違う為どの急速冷凍が最も優れいるかということは名言できません。では、美味しさを保つ賞味期限についてはどうでしょう。

冷蔵おせちと冷凍おせちの賞味期限

賞味期限については文句なく冷凍おせちのほうが優れています。同時に食べるのであれば、食感や風味に関して劣りますが、3日経過した冷蔵おせちと前日からゆっくり解凍した冷凍おせちとでは風味や食感でも冷凍おせちのほうが優れています。

 

なので、お正月のおせち料理を購入する上で気をつける点は冷蔵おせちを購入するのであれば遅くともお正月三が日迄には完食できるボリュームのおせちを選ぶようにしなければなりませんので三が日に食べれない予定を組むのもNGです。

 

 

冷蔵おせちを購入する場合は適切なボリュームやお正月の日程も気にする必要があります。


一方の冷凍おせちはお正月の日程は気にする必要はないですができるだけおせちのボリュームは直ぐに完食できるくらいのおせちを選ぶようにしましょう。そして、販売者側にとっても冷蔵おせちと冷凍おせちにはそれぞれ異なるリスクがあります。

 

冷蔵おせちの場合は事前に何日も前から作る事ができない為、1日や2日の間に大量に製造できる体制を確保しておかなければなりません。また、冷凍おせちの場合は事前に準備できるメリットはありますが作り過ぎによる売れ残りというリスクがあります。この場合、

 

 

訳ありで安価で販売したり年末にぎりぎりに販売される為注意が必要です。


この年末ギリギリに安価で販売される冷凍おせちには売れ筋おせちの為に材料を予備で確保していた事情から追加販売するケースもあるのでその場合はお得感がありますが購入者側には判断が全くつかないですよね。

 

なので、おせち料理は冷凍、冷蔵に関わらず早割時期に予約購入しておくのが最も安全でお得です。